読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はみたろ映画日記

リケジョの私が映画の感想をただのせるだけ。

ペット(吹替版)

www.pet-movie.jp

 

映画「ペット」。邦題は"The Secret Life of Pets"で、日本では2016年8月11日公開。私は映画館で1回、Amazonプライムで1回見ました。私としてはおすすめの映画だったので、そう思った理由を紹介します!

 

リアルなCG×コミカルな表現

いまの時代では当たり前なのかもしれませんが、CGが超綺麗です。川の水面、動物たちの毛並み、ガラスに反射して映る街並み、遠くに見える風景ですら、ほんとうにリアル、とてもCGとは思えません。

それに反して、人間をはじめとする動物や車といった乗り物はかなりデフォルメされており、映画内で出てくる表現にはリアリティというよりもコミカルさを感じます。

この対立構造があるからこそ、それぞれの良さが際立っているように感じました。

 

音楽がいい!

挿入歌、BGMふくめ、とてもよかったです。(小並)

 

吹替え:バナナマン

賛否両論あるようですが、わたしは、このお二人は適任だったと思います。

設楽さんの声は、マックスの「ケイティが大好きで大好きで仕方ない!」その想いで頭がいっぱいになっているのが伝わってくるようでした。

マックスとデュークが仲良くお話する様子をなんだかほっこり見られるのは、バナナマンのおふたりが仲が良いってことを知ってるから、かな・・?

 

全体を通して

起承転結ハラハラドキドキ映画、というよりかは、全体的にギャグチックなお話でした。ピンチなシーンでも穏やかな気持ちで見守っていられる、心に優しい癒しの映画だった!

なんか疲れたな~、そう思ったときにぜひおすすめしたい1本です!